男女群島遠征 次回に向けての覚書

ほぼ私向けの個人的な覚書を記事に仕立て上げました

気になった細かい部分を忘れないようにしたいだけですのでスルー推奨です



1.足元はフエルトピンでなく通常のスパイクを

万能っぽいフェルトピンを履いていきましたが

干満差が大きく 濡れたノリなどもありフエルトは結構滑ります

事実 思いっきり滑ってコケました(痛)

なので いつも履くスパイクか S.社のジ○ロックみたいな万能タイプがいいのかも

これは個人差・感覚の違いもあるでしょうけれど 結局私は普通のスパイクが万能な印象です

昨年の隠岐や神津、三宅などはフエルトピンで問題ありませんでした


2.雨がなければテントは不要

重いし嵩張るし、降雨がなければテントは不要と感じました

事実 シュラフと銀マットのみで快適に眠れましたし

N.さんはシュラフさえ使ってなかった(笑)

もっとも テントを張ればもっと快適に眠れたかもしれませんが。。。

万が一の降雨に備え ブルーシートや雨を遮るものは必要かもしれません


3.アカハタ狙いはワームよりジグ

今回 あまり考えずにワーム系ばかり持参していたのですが

水深もあるし 激流でなくても流れはあるし

1/2ozのテキサスリグでは釣りがしづらい。。。

ボトムを取るのに時間かかるし 

ほぼ入れ食いでヒットは出るのですが
image662.jpg

スラックが多いからか ことごとく根に入られてしまいました

N.さんはヒラ竿にジグで手返しよく漁師のごとく上げ続けていたので

TGエッジのブレードチューンなど ジグで攻めた方が効率的だと痛感しました


4.ルアーは幅広く多彩に 数は絞る

男女に限った事ではないですが

結構 ライト・小型のルアーが欲しい状況に遭遇します

今回も小型ベイトを捕食していたからか

シルエットの小さいルアーに対して好反応でした

お気に入りのルアーはブレイク対策で何個も持っていってしまいますが

数は少なめに減らして 種類やサイズは多彩に 

ジグは各ウェイトを2,3本程度に 小型プラグも用意すること



今回用意した物の中で 一番あって良かったと思ったのは

充電式LEDランタンでした(大手通販サイトで\2,000程度)
20170512_092112.jpg



また気づいたら追記していきます

私自身の覚書にお付き合い頂き ありがとうございました

コメント

非公開コメント