FC2ブログ

イメージと現実のギャップ

FBで関わりのある方々にはお知らせしましたが

めでたく?私もインフルエンザA型に感染
20170118_171533.jpg



今週末の横浜F.S.に行けないことが確定しました

楽しみにしていたので残念ですが

その分 大阪では楽しみたいと思います!



さて ここからが本題です

今のご時世  大抵の方が少なからずSNSと関りがあるんじゃないでしょうか?

自ら発信はしなくても 人の発信くらいは受け取っているでしょう

釣りを趣味としているなら アングラー同士の繋がりは多いでしょう

その アングラー同士で発信する様々な情報のうち

釣果に関する情報には皆さん特に敏感なのではないでしょうか?

ここで生まれる落とし穴・ギャップにご注意です

釣れた人は「釣れた♪見て見て!」と声が大きくなりがちですし

釣れなかった方は わざわざ撃沈情報など発信しない方が多いことから

どうしても 「釣れた!」情報が多くなります

この傾向は容易に発信できるSNS媒体に顕著な気がします


また ○○爆!や イワシ祭り!なども要注意キーワードです

確かにその場に立ってその光景を目の当たりにすれば そう感じてそう発信するのも当然ですが

言葉のインパクトが強過ぎて 受け取る方は過敏に反応しがちです

祭りと言っても 普段より好調・絶好調という事で

決して 全員が釣れる・行けば釣れるという訳ではありません

もちろん 魅力的な情報には間違いはないのですが

どうしても受け取る方は過大に受け取ってしまいますから

大きな期待を胸に足を運んでも

イメージとはかけ離れた結果に肩を落とすという事が多いのではないでしょうか?



このような図式・傾向が理解できていれば

自分なりの目線・感覚のフィルターを通して情報を判断できるので

現実より誇張された情報に振り回されずに済むのではないでしょうか


偉そうな事を書かせて頂きましたが

このブログにお越しくださる 皆様のお役に立てましたら幸いです

次回は 私なりのちょっとした改革?をご紹介します

コメント

非公開コメント