’16 遠征回顧 隠岐・小笠原母島編

いよいよ’16も今日で終わり

大晦日の朝 私はちょっと早起きしてゴソゴソしてますが

皆様 いかがお過ごしでしょうか?

さて ’16回顧編  三回に分けて引っ張りましたが

最後は思い出深い 隠岐と母島遠征編です



釣果が特別だったことは勿論ですが

まずフィールドのスケール・ポテンシャルの大きさに感嘆し

当然のように魚影が濃く 多数のリアクションを得られ

自身の攻め方や掛けてからの対応・所作など

本当に沢山の知識・経験を積むことができました




まずは隠岐から

九州の男女群島遠征を予定していたものの

荒天により カルティバ担当者N.さんの英断により隠岐に変更となりました
image409.jpg
image405.jpg
image414.jpg
image415.jpg
image419.jpg


三日間でヒラマサ6本にサンパク・ワラサ(現地ではマルゴと呼んでいました)含めると毎日二桁キャッチ
image406.jpg
image407.jpg
image410.jpg
image411.jpg
image408.jpg
image416.jpg
image417.jpg
image418.jpg



もちろんチェイス・バイトは普段経験できないほど多数ありました

おかげでヒラマサとブリの反応・出方や抵抗の違いを実感できましたし

逆にアングラー側からはタックル全般のハード面と

投げ続ける事の大切さに 気配りや釣りに対する思い・意義などのメンタル面

今後の糧となる大切な経験と勉強ができました


また 出会ったアングラーの方々や

渡船 浜吉丸の船長・若船長のお人柄も

思い出にあたたかみを加えてくれました



そして 小笠原・母島

東京都なのに おそらく日本で一番時間とお金のかかる遠征先

そのスケール・ポテンシャルは予想を遥かに超えていました

まずは海の色が違いました
image454.jpg
image510.jpg
image533.jpg
image508.jpg

写真では伝わらないかもしれませんが

黒潮の色とも違う 本当にキレイな蒼?ブルーな海

そして魚が沢山 何よりデカい

自分より大きく見える魚を見たのは初めてでした
(見ただけですがww)

釣れる魚も当然デカい
image502.jpg
image504.jpg
image507.jpg
image457.jpg
image462.jpg
image513.jpg
image458.jpg


最大はほぼ20㎏のイソンボでしたが

泳いでいたイソンボの中では小~中型の部類でした

泳いでいるのと実際に釣れるのはまったく別ですが

目の前に怪物がウヨウヨ泳いでいる海で投げられる事が特別でした


沢山は釣れませんでしたが

普段 見ることもないようなサイズ・種類の魚を手にできましたし

そして ホーム外房での攻め方・タックルで通してみて

自身の対応・ファイトが通用する事が分かったのは自信になりました



長くなりましたが

今年の回顧はこれで終了です

今年経験した中で 詳しくお話したい事もありますので

来年 少しずつ書いてみようと思います




最後になりましたが

当ブログにお越し頂いたり

磯でご一緒させて頂いたり

こんな私とお付き合い頂いた皆様 ありがとうございました

来年も私らしく 信じる道を歩んで行きたいと思っております

変わらずお付き合い頂きますよう どうぞ宜しくお願い致します

よい年をお迎えください

コメント

非公開コメント