G.W.九州遠征 中五島編

さて 今日は久しぶりに時間があるので遠征日記を

今回は朝一便で長崎空港入りしてレンタカーで平戸まで走り

昼から男女を目指す日程でしたが

生憎の天候でキャンセルが出たからか 予定していた男女便は欠航

翌日の五島日帰り(磯一泊)にやむなく変更となってしまいました

翌昼までたっぷりと時間があるので同行してくれたI.さんと語らいながら平戸までドライブ

道中にちゃんぽん食べたり 釣具屋巡りしたり

平戸に着いてからも 折角だからと生月島北端まで
S_7915404018519.jpg
地磯ながらなかなか良い雰囲気の磯を眼下に眺め
S_7915404298115.jpg

釣り場の下見のつもりでしたが 結局あじかセンターの仮眠所でゴロゴロして過ごし

翌日の昼発のブラックヘリオスで五島へ

どうやら中五島エリアに到着 降ろされたのは椎ノ木島
S_7899643029597.jpg

西の強風をかわしてくれて釣りはしやすく雰囲気こそ平和でしたが

足元にキビナゴらしきベイトの群れが右往左往し

二度 ヒラマサのチェイスがあったり

キビナゴを狙うマダイの姿が見えたりと

それなりに魚っ気のある磯でした

I.さんと投げ続けましたが結局バイトは得られず

せっかく来たんだし他の瀬も経験したかったので瀬替わり

その時は風も収まりつつあったので 一番沖に見えていた草島の突端へ

乗った時から潮が流れ 雰囲気ムンムンでしたが
S_7915404946498.jpg

期待に反して何も反応がないまま日没となりました

その頃から再び風が吹き出して

暗くなってからはサバ餌でクエを狙ってみましたが

強風でやりづらい上に波飛沫で雨がふっているかのようにズブ濡れになり

早々にテントに潜り込み寝ようと思いましたが

風でバタつき波飛沫が強く打ち付けるテントは五月蠅くて

さらに島に住み着いたネズミが鳴きながら周囲を徘徊

気になってほとんど眠れず 結構ヘビーな瀬泊まりとなりました


明けて二日目 夜明けにコーヒーを淹れて気力を取り戻し

手頃に波風立つ海にキャストを繰り返しましたが
S_7915405869432.jpg

雰囲気の割に青物の反応は全く得られず

裏本命としていたアコウ(キジハタ)狙いも良型のアラカブ(カサゴ)二匹のみ
31954561_1706947926047423_1723589595863449600_n.jpg

回収まで色々と投げ続けましたが

アラカブ以外は反応なく 五島の釣りは終了

平戸に帰港すると入れ替わりで男女へ向かう撃投チームの面々が

我々と違い無事に男女へ行けて なかなかの釣りを満喫されたようです

一日違いで天地ほどの差ですが

自然相手を相手にしている釣りですから

人知の及ばぬ運や巡りあわせも受け入れるしかありませんね


魚は釣れずにヘビーな瀬泊まりにネズミ襲来もありましたが

美味しいもん食べながら I.さんと語り明かせたし

ほろ苦くも 忘れえぬ思い出深い五島編でした

予想外に美味しかったhotto mottoのホカ弁と

だるま食堂の皿うどんが絶品だったなぁ


長文にお付き合い頂きありがとうございます

また時間を見つけて草垣編を書きたいと思います

コメント

非公開コメント