遠征記を書くにあたり

この度の災害で亡くなられた方々には心からお悔やみ申し上げると共に

被災された方々にはお見舞い申し上げます


災害の事を知ったのは7日土曜の夕方でした

4日に出航してから7日の夕方まで丸三日間 外界の情報を得ることなく

小笠原の空気に包まれ ひたすらに海・魚と向き合っていました

被害の甚大さは日に日に増していき 

浮かれた事を書く気にもなれませんでしたが

大袈裟な自粛ムードや沈んだ気持ちを切り替える必要性も 震災の時に学びました

まだまだご苦労は続く事を思うと微妙な心持ちですが

少しずつ遠征記を綴っていこうと思います


ありがたい事に魚も釣れてくれましたし 仲間といい時間を過ごせました
20180707_074134.jpg

小笠原 姉島最南端の磯と海
20180707_100201.jpg


一日も早く 平穏な暮らしが戻りますように

旅立ちと6月まとめ

しばらくぶりの更新となってしまいました

月末の忙しさと休み前でやる事が山盛りで更新するヒマがなく

ご無沙汰している間に関東では梅雨が明けてしまいましたし

WC日本代表の悲喜こもごもがあったり


関東は連日の猛暑ですが

各地では豪雨災害や台風接近など

色々な意味で眠れぬ日々が続いていますね

早く平穏無事に夏が訪れますように


さて 恒例の月例報告です

6月は9回釣行して魚を手にできたのは5回で打率0.55

内容はヒラマサが2本
P6130065.jpg
マリア リライズS130 で103㎝

P6130081.jpg
GTアイスクリーム ニードルノーズ3oz で95㎝

ヒラスズキが5本 
P6130107.jpg
安定のTKLM120GP

DSCN0429.jpg
P.D.G.フラットフラッターH

夏らしくイナダが2本
DSCN0442.jpg


キャッチ数は2本でしたが ほぼ毎回ヒラマサの気配はありましたし
P6130143.jpg


ヒラスズキも最大75㎝と 上々の6月でした

ちなみに上半期トータルは

ヒラマサ12本 ヒラスズキ37本 ヒラメ2枚 マル2本 メバル4枚 イナダ2本

ヒラマサは前半シーズンで二桁キャッチにメーター超が2本ですから大満足

ヒラスズキは昨年のような爆発に当たらず数は伸びないもののコンスタントに釣れていたし

好不調の波が少なく 魚の気配が濃厚だったと思います


さて 後半シーズンしょっぱなの釣行は

国内最高の楽園へ今日から旅立ちます

海は少々心配ですが よい報告ができるよう精一杯やり切ってきます

最後まで目を通して頂き ありがとうございました