丘からの復帰

久しぶりの波乗りネタです

とくに書くようなことではないけれど

年が明けてからも釣りばかりしていて

波乗りは月一がやっとでしたが

最近は週イチペースで波乗りしています
20180514_124134.jpg

青い空に海 浸かりたくなりますよね

丘サーファー並みに衰えてるのでリハビリ気分ですが

昨日は久しぶりに楽しめた波乗りでした

天気よし 波良し メンツ・波数バッチリ
20180521_133547.jpg

こんな日を味うと もっと波乗りしたくなるなぁ


魚も釣れてるし 

いい五月を過ごさせてもらっています

ありがとうございます

見えてきたこと

この数年間 各所に遠征を重ねてきました

関東では神津・三宅・八丈など伊豆七島に銭洲

日本海は佐渡に隠岐

九州は男女群島に五島 対馬に佐多岬と今回の草垣群島

そして小笠原母島

一度や二度行っただけで知ったように語る気は毛頭ありませんし

まだまだ行きたい所 未踏の地も沢山ありますが

各所に赴き 現地で見て話を聞き まさに五感で感じる事で 

自分のするべき事や大切にする事が見えてきた気がしています

まだおぼろげですので具体的には書きませんが

今後もできる限りは遠征を重ねて見識を深めると共に

気力・体力の続く限りは房総で精進していこうと思っています

独り言にお付き合い頂き ありがとうございました


久しぶりに いいルアーに巡り会いました
S_7939984190641.jpg
マリア リライズS130

G.W.九州遠征 草垣群島編

今週も色々と忙しく過ごし疲労も溜まり

今日は久しぶりにのんびり過ごせる週末です

といっても仕事はするんですけどね

荒れ模様の朝ですが いかがお過ごしでしょうか?


さて G.W.の遠征後編 草垣群島チャレンジの様子です

草垣へ行けるようになった経緯ですが

昨年 鹿児島佐多岬へお邪魔した時に

大変お世話になったロコアングラー集団K.F.C.のメンバーから

出発まで一ヶ月を切った4月に声を掛けて頂き

男女帰港の翌日から 日程もギリギリG.W.に収まる絶妙のタイミングでしたので即断 

長崎空港からの飛行機をキャンセル 二日後の鹿児島空港発を手配し

さらに長崎空港から鹿児島までのレンタカーも何とか確保

バタバタでしたが 一度の往復で二度美味しい?遠征へとグレードアップとなった次第です


長崎空港で同行してくれたI.さんと別れ 一路 鹿児島へ

関東の人間には感覚が分かっていませんでしたが

九州は広い!!! 鹿児島まで300㎞超。。。

東京から仙台 または名古屋と変わらない距離に唖然としながらも

快適なレンタカーでひた走り 無事に鹿児島串木野港に到着

久しぶりのSUMIちゃん HARAっぺとの嬉しい再会から

すでに荷物の積み込みが始まっていたのでバタバタと乗船
20180504_224904.jpg

いざ出港!と思ったら 大きな異音の後 機関停止

船長が船底に潜って何やらゴソゴソと(汗)

このまま中止になるのか?と不安になりましたが 数十分後に無事出港

しかし 後で不安は現実となってしまいましたが。。。

眠っていたのでどれ位かは定かではないですが

数時間後 無事に草垣群島に到着
20180505_043404.jpg

石物師が多く順々に降ろされていき 我々は6番という瀬に
S_7915417664266.jpg

景色といい磯の雰囲気といい ロケーションは最高です
S_7915400407468.jpg

釣れる魚は小笠原と変わらないとの事で

デカいミノーやトップを投げ込みますがヒットはなく

時折 見慣れた色の魚がチェイスしてくるので

必殺ルアーを放り込むと一撃でした
S_7915400627258.jpg

その後 SUMIちゃんにイソンボのチェイスがあったりしましたが

結局 巨魚とのコンタクトはないまま

潮が緩んだ時間はお決まりの根魚と戯れ
S_7915400642419.jpg
初魚種ニジハタ 他にアカハタ多数と

久しぶりのチギの色に癒されました
S_7911183356807.jpg

根魚は沢山釣れて 草垣ポテンシャルは十分味わえましたが

午後も何も起きないまま 夕マズメ前の見回りの時でした

まさかの「船体故障により日帰り撤収」と告げられ

あっけなく草垣チャレンジは終了となりました

夜クエや翌朝マズメも期待してたのになぁ。。。

これも遠征あるあるですから 長く思い出に残るでしょう

深夜に帰港してから 波止場で焼き肉食べて飲んで語らい

ありがたい事に 翌日は桜島を眺めながらのまったりtimeから
20180506_060958.jpg

美味しい志布志ラーメンまで付き合ってくれて
20180506_112438.jpg

昨年に続き メローながらも薩摩隼人の心意気に感謝しきり

彼らとの別れに目頭熱くしながらも 知らなかった日本一の巨木パワーに浸り
image798.jpg

今回の九州遠征は終了となりました

ダラダラと書き綴り長くなってしまったので

雑感はまた別に書きたいと思います

お付き合い頂きありがとうございました

よい週末をお過ごしください

G.W.九州遠征 中五島編

さて 今日は久しぶりに時間があるので遠征日記を

今回は朝一便で長崎空港入りしてレンタカーで平戸まで走り

昼から男女を目指す日程でしたが

生憎の天候でキャンセルが出たからか 予定していた男女便は欠航

翌日の五島日帰り(磯一泊)にやむなく変更となってしまいました

翌昼までたっぷりと時間があるので同行してくれたI.さんと語らいながら平戸までドライブ

道中にちゃんぽん食べたり 釣具屋巡りしたり

平戸に着いてからも 折角だからと生月島北端まで
S_7915404018519.jpg
地磯ながらなかなか良い雰囲気の磯を眼下に眺め
S_7915404298115.jpg

釣り場の下見のつもりでしたが 結局あじかセンターの仮眠所でゴロゴロして過ごし

翌日の昼発のブラックヘリオスで五島へ

どうやら中五島エリアに到着 降ろされたのは椎ノ木島
S_7899643029597.jpg

西の強風をかわしてくれて釣りはしやすく雰囲気こそ平和でしたが

足元にキビナゴらしきベイトの群れが右往左往し

二度 ヒラマサのチェイスがあったり

キビナゴを狙うマダイの姿が見えたりと

それなりに魚っ気のある磯でした

I.さんと投げ続けましたが結局バイトは得られず

せっかく来たんだし他の瀬も経験したかったので瀬替わり

その時は風も収まりつつあったので 一番沖に見えていた草島の突端へ

乗った時から潮が流れ 雰囲気ムンムンでしたが
S_7915404946498.jpg

期待に反して何も反応がないまま日没となりました

その頃から再び風が吹き出して

暗くなってからはサバ餌でクエを狙ってみましたが

強風でやりづらい上に波飛沫で雨がふっているかのようにズブ濡れになり

早々にテントに潜り込み寝ようと思いましたが

風でバタつき波飛沫が強く打ち付けるテントは五月蠅くて

さらに島に住み着いたネズミが鳴きながら周囲を徘徊

気になってほとんど眠れず 結構ヘビーな瀬泊まりとなりました


明けて二日目 夜明けにコーヒーを淹れて気力を取り戻し

手頃に波風立つ海にキャストを繰り返しましたが
S_7915405869432.jpg

雰囲気の割に青物の反応は全く得られず

裏本命としていたアコウ(キジハタ)狙いも良型のアラカブ(カサゴ)二匹のみ
31954561_1706947926047423_1723589595863449600_n.jpg

回収まで色々と投げ続けましたが

アラカブ以外は反応なく 五島の釣りは終了

平戸に帰港すると入れ替わりで男女へ向かう撃投チームの面々が

我々と違い無事に男女へ行けて なかなかの釣りを満喫されたようです

一日違いで天地ほどの差ですが

自然相手を相手にしている釣りですから

人知の及ばぬ運や巡りあわせも受け入れるしかありませんね


魚は釣れずにヘビーな瀬泊まりにネズミ襲来もありましたが

美味しいもん食べながら I.さんと語り明かせたし

ほろ苦くも 忘れえぬ思い出深い五島編でした

予想外に美味しかったhotto mottoのホカ弁と

だるま食堂の皿うどんが絶品だったなぁ


長文にお付き合い頂きありがとうございます

また時間を見つけて草垣編を書きたいと思います

九州離島遠征を終えて

最近 決まり文句のようになっていますが

久しぶりの更新となってしまいました

G.W. 皆様いかがお過ごしになりましたでしょうか?


私はお伝えした通り九州の離島遠征2連戦でしたが

男女は欠航となり日帰り(一泊)の五島へ
S_7899643029597.jpg

草垣は船体故障により日帰りと
S_7915699881301.jpg


予定・期待とはかけ離れた内容となりましたが

それはそれで 遠征あるある?とでも言いますか

順調にいく遠征よりも思い出に残るでしょう


未踏の地で友と語らいながらキャストを繰り返し

普段とは違う 素晴らしいロケーションを目の当たりにして
S_7915404298115.jpg

また貴重な経験を積ませてもらいました

魚と対峙して釣りを愉しむことはそれほどできませんでしたが

飲んで喰らい そして語らい笑う 本当に楽しむことができました

大切な休みを共に過ごしてくれた友達

送り出してくれた家族に感謝

本当にありがとうございました


遠征の詳しい様子は 時間があればまた書きたいと思います