梅雨入り間近の海と。。。

気づけば5月もあと少し

梅雨入り間近といった陽気が続きますね

海もリハビリsurfにはちょうどいいメローな日が多いです
20170525_102252.jpg

相変わらずヒラマサは相手してくれません。。。

でも 大丈夫!なにが?? って事ですが

来月には母島遠征が控えていますから!!

もう 楽しみで仕方ありません♪

忙しくてあまり書く時間もなく 独り言的なログになってしまい申し訳ありません

よい週末をお過ごしください

新緑の候もヒラスズキ

新緑も鮮やかで心地いい陽気になりました

昨日から夏を思わせるほどですが 皆様いかがお過ごしでしょうか?


私は男女で満たされてきたお陰か ゆる~い気分で磯に出向いています

驚愕の超大物ネタで周囲は盛り上がっていますが

残念ながら私には関係なく 相変わらずヒラマサは釣れません

でもありがたい事に 波があればヒラスズキは相手してくれます

人の後に入っても釣れますし
image674.jpg
TKLM120-GP

期待に応えてくれます
image673.jpg

この日は6バイト3キャッチ
image675.jpg

人の叩いた後ですから自分的には大満足です
image676.jpg



さらに翌日には誰もいない磯で今年四度目の(爆)に遭遇
image678.jpg

波当たりが強く 潮が引くまでヘビーな釣りでしたが
image677.jpg

飛び道具が大当たりで
image679.jpg

二時間ほどで20バイト以上

ストリンガーに繋げず50㎝台はリリースの12本キャッチ
image680.jpg

ランカーこそ出ませんでしたが 楽しく遊ばせてもらいました



ちょっと話は変わりますが

3、4月は釣りばかりしていて ほとんど波乗りしていませんでしたので

さすがに宜しくないと最近ペースアップしています
image681.jpg

手頃に遊べるファン波ですが 懸命にリハビリに励んでいます(笑)
image682.jpg


梅雨はありますけれど 夏はすぐにやってきますからね

もう一つ 

まだ書きませんが あらたな試みを始めてみました

そのうちお知らせできるかなぁ。。。



それでは よい週末をお過ごしください

アンニュイな雨の週末に思うこと

雨に煙る土曜の朝 皆様いかがお過ごしでしょうか?

最近は心地よい日が続き 犬もマッタリとしています
20170512_091830.jpg

遠征を満喫できた事が大きいのか 私のテンションも犬と同様で

魚の顔を見たいより 友の顔を見に行くためとか

しばらくご無沙汰していた磯の様子を伺うために海へ出向いています

それでも波が出たタイミングでは ヒラスズキが相手してくれましたし
image671.jpg

母島の友は初ヒラスズキを手に満面の笑み
image672.jpg

大袈裟な言い方かもしれませんが

喜びを共に分かち合い 幸せな気分を分けて貰える

贅沢な釣りの楽しみ方をさせてもらっています


趣味としての釣りの愉しみ・楽しみ方は人それぞれ

仲間と語らう釣り談義や アフターの宴会も

釣果を追い求めるのも 道具に拘るのも

人と競い合うのも 全て釣りの愉しみ方ですから

ご自身で納得できる・満足できる楽しみ方をされてください

私はその日・その場を笑顔で過ごせてhappyな気分に浸れたら十分です

もちろん魚が釣れたらいう事はありませんが。。。


ちょっと偉そうな書き方になってしまいましたが

私自身もまだまだ進むべき道やstyleを模索していますので

これからも皆様にはご指導頂きたいと思います



尊敬する師匠であり親友の究極の楽しみ方は 

”釣りをせずとも釣りを楽しめる”

もう 悟りの境地ですね

そんな師匠の楽しみ方のひとつ 食・味わい

見習わせて頂き 心ゆくまで味わいました男女カンパチのハラス
20170508_195911.jpg

あまりに美味で すでに男女に戻りたくなっています(笑)


くだらない戯言にお付き合い頂きありがとうございました

よい週末をお過ごしください

男女群島遠征 次回に向けての覚書

ほぼ私向けの個人的な覚書を記事に仕立て上げました

気になった細かい部分を忘れないようにしたいだけですのでスルー推奨です



1.足元はフエルトピンでなく通常のスパイクを

万能っぽいフェルトピンを履いていきましたが

干満差が大きく 濡れたノリなどもありフエルトは結構滑ります

事実 思いっきり滑ってコケました(痛)

なので いつも履くスパイクか S.社のジ○ロックみたいな万能タイプがいいのかも

これは個人差・感覚の違いもあるでしょうけれど 結局私は普通のスパイクが万能な印象です

昨年の隠岐や神津、三宅などはフエルトピンで問題ありませんでした


2.雨がなければテントは不要

重いし嵩張るし、降雨がなければテントは不要と感じました

事実 シュラフと銀マットのみで快適に眠れましたし

N.さんはシュラフさえ使ってなかった(笑)

もっとも テントを張ればもっと快適に眠れたかもしれませんが。。。

万が一の降雨に備え ブルーシートや雨を遮るものは必要かもしれません


3.アカハタ狙いはワームよりジグ

今回 あまり考えずにワーム系ばかり持参していたのですが

水深もあるし 激流でなくても流れはあるし

1/2ozのテキサスリグでは釣りがしづらい。。。

ボトムを取るのに時間かかるし 

ほぼ入れ食いでヒットは出るのですが
image662.jpg

スラックが多いからか ことごとく根に入られてしまいました

N.さんはヒラ竿にジグで手返しよく漁師のごとく上げ続けていたので

TGエッジのブレードチューンなど ジグで攻めた方が効率的だと痛感しました


4.ルアーは幅広く多彩に 数は絞る

男女に限った事ではないですが

結構 ライト・小型のルアーが欲しい状況に遭遇します

今回も小型ベイトを捕食していたからか

シルエットの小さいルアーに対して好反応でした

お気に入りのルアーはブレイク対策で何個も持っていってしまいますが

数は少なめに減らして 種類やサイズは多彩に 

ジグは各ウェイトを2,3本程度に 小型プラグも用意すること



今回用意した物の中で 一番あって良かったと思ったのは

充電式LEDランタンでした(大手通販サイトで\2,000程度)
20170512_092112.jpg



また気づいたら追記していきます

私自身の覚書にお付き合い頂き ありがとうございました

’17 遠征記 男女群島 実釣編 day2

day1 からの続きです

平らな場所に銀マットを敷きシュラフで寝てはいましたが

それでも朝までグッスリ眠れる訳でもなく 時折目を覚ましながら

明け方には雲が広がり 満天の星空を覆いつくし

磯上での格別なインスタントコーヒーを味わいながら夜明けを待ちます

西に来ていますからずいぶん夜明けが遅く 5時頃から実釣開始

潮の干満差が関東より大きく かなり上げ込んで潮位が高くなっていたので

波を被らないよう女島向きの水道側から投げ始めます
image657.jpg

真横からの風でラインは流されるし 流れ藻の塊が邪魔になりますが

昨日反応が良かったミノーを巻き続けていると 緩い流れの流心でヒット


シマノ コルトスナイパーロックジャーク170F

この日の一発目も良型のブリから

すぐに鳥が回りだし 時折ボイルも見られますが

小型のベイトを流れ藻に追い込んで捕食しているのか

流れ藻の塊が流れてくると鳥山が立ち その周囲や塊の中でボイルが出ていました

小振りなルアーで攻めていたI.さんに良型のスマが連発

シルエットが小さい方が良いかもと思い ジグに替えて攻めると


カルティバ 撃投ジグ125g

水道側は足場が高く ランディングに苦労しました
received_1895738197333275.jpeg

夜明けから一時間ほどでメンバー4人とも魚をキャッチ

徐々に潮も下げてきて 立てなかった場所にも立てるようになったので

昨日 連発した北のハナの高台へ

すでにブリは何本か釣っていたので違う魚を狙って

流心のボトムを意識してジグを操作していると

待望のカンパチがヒット!


image660.jpg
カルティバ 撃投ジグ125g

良型青物トリプルクラウン達成に胸一杯。。。


しかし好事続きの反動なのか 9時の巡回時でした

荒天予報により翌日までの予定を切り上げ15時で撤収と告げられました

その時点で十分に魚は釣れていましたが残念無念。。。


その後 潮が緩んだ時間帯はアカハタと遊んだりして
image662.jpg

昼過ぎまでは投げ続けていても時折反応がある程度でしたが
image663.jpg
UZU アスカモジョー70g


徐々に潮が流れだし魚の反応も良くなり

メンバー全員にヒットが続き ブリが連発


しかし そうなるとランディングが大変で

抜き上げては暴れる魚から針を外してリリースの繰り返し

釣りを楽しむというよりお仕事気分ww

贅沢な話なのは重々承知で恐縮です

その後はN.さんにマグロらしきブレイクはありましたが ブリだけが釣れ続き

15時の瀬上がり時刻を迎え 初の男女遠征は終わりを告げました


結局22時間ほどの滞在で

ヒラマサ 97㎝8㎏ 1本
カンパチ 73㎝4.5㎏ 1本
ブリ ~95㎝ 6~8㎏ 6本

ランディングで外れた?外した?3本含めてブリのヒットは軽く二桁超えましたし

メンバー4人で6~8㎏が20本以上 ひょっとしたら30本いったかも。。。

十分ブリ祭りと呼べる内容だったのではないでしょうか

反面 夢見たキハダは誰もキャッチできず 夜クエもやれずに早上がり撤収と

次回に向けて思いが募る釣行となりました



二回に渡りselfishな駄文にお付き合い頂き ありがとうございました

’17 遠征記 男女群島 実釣編 day1

連休も終わり世の中は動き出していますが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

私自身の生活は普段どおりに戻りましたが

頭というか気分はOFFモードが抜け切れていないのか

何をやるにもキリッとせず。。。早く切り替えなければ



さて いよいよ男女遠征の実釣編です

男女に到着してからは 北部の男島から順々に渡礁していき

一時間半ほどかかったでしょうか 我々が最後まで船上に残されており

最後に向かったのは南側の女島にあります 下の赤瀬という一級磯

それまで風裏の磯に渡礁していたので気になりませんでしたが

近づいていくにつれ かなり風が強く波もそこそこ

私は内心ここで夜明かしするの?(恐怖)と引き気味でしたが

カルティバ担当者N.さんはヤル気満々でしたので

その熱意を頼りに4人で渡礁

幸い乗ってみると意外に広く 岩陰や平場もあるので労せず過ごせそうですし

沖にあるので当然潮通しも抜群で 波がなければ全周キャストできそう

N.さんのヤル気も納得の磯でした

渡礁後は 貴重な夕マズメを無駄にしないよう速攻準備から実釣開始

皆さんそれぞれの足場に立ち投げ始めます

自分も何度か投げながら歩ける範囲を見て回り

空いていた一番北側の高い足場に乗りました

南からの潮なので潮下にあたり 手頃にサラシも広がり雰囲気は上々

まずはマグロを期待してトップを遠投して探りますが無反応

眼下に広がるサラシと流れが気になったのでミノーに変更

キャスト後 サラシの中をゆっくり見せるよう足元まで丁寧に巻いてみると

ピックアップ手前数メートルで飛沫を上げて待望のバイト!

フッキングしてすぐにブリと判断できたので

ギャフは掛けずに抜き気味ランディング

男女初フィッシュは90㎝前後のブリ
image654.jpg
シマノ コルトスナイパー ロックジャーク170F

とりあえず潮だまりに放り込み再開

同じようなキャスト・リトリーブで足元までミノーを泳がせると

一本目の再現のごとく 同じような場所で再び海面炸裂!

魚体の色ですぐにヒラマサと判断できたので

そばで投げていたC.さんに 「ヒラマサ!」 と告げてファイト開始

ブリとは比べ物にならないパワーで走り、飛び、突っ込みますが

固めのドラグを出される事なく C.さんがギャフ掛けしてくれて無事ランディング
image670.jpg
シマノ コルトスナイパー ロックジャーク170F

男女に来てもヒラマサなんて贅沢は言いません(笑)
image655.jpg

ブリに満足サイズのヒラマサと連発すれば 正直お腹一杯。。。

暗くなるまでの時間も少ないし 他のメンバーの様子を見ながら投げましたが

その後は誰にも反応はなく 渡礁後わずか一時間ほどの初日は終了

満天の星を眺めながらの語らいは格別でした

夜も更けて 各々好みの場所に寝床を確保して眠りにつきました

day2 に続きます

’17 遠征記 初の男女群島 道中編

今年は天候に恵まれたG.W.最終日

遊び倒した方も家族サービスに勤しんだ方も

もちろんお仕事だった方もいらっしゃるでしょう

私は前回お伝えしたとおり遠征してまいりました

行先は西の聖地と呼んで間違いない 長崎の男女群島

昨年も予定していたものの 荒天で隠岐に変更となったので

待望の男女初渡礁です



詳細をお伝えすると長くなりそうですので 今回は道中編という事で

もったいつけて恐縮ですがご容赦願います



行きの飛行機は成田空港から初のpeach航空
20170502_141810.jpg

第一ターミナルで利便性よく 内容もなかなか良かったです

関空に到着後 集合時間まで余裕があるので

先輩お二方に教えて頂いた玉子焼き(明石焼き)店を目指しましたが

どちらも入店できず(泣) 仕方なく歩いて見つけた店にて
20170502_185902.jpg

神戸空港にてメンバー集合から一路 長崎を目指し

早朝には平戸港の渡船基地 あじか磯釣りセンターに到着
20170503_064634.jpg

入口の鳥居が気分を盛り上げてくれますが

昼過ぎの出船ですので まずは仮眠zzz

それから男女のポイント案内に心躍らせ
20170503_102603.jpg

二泊三日分の食材を買い出しに行ったのち

港すぐそばの だるま食堂のちゃんぽんセットで腹ごしらえ
20170503_113138.jpg
あっさりな味わいで 美味しゅうございました

昼過ぎには前便が帰港して 出港組とごった返しで大盛況
20170503_122621.jpg

バタバタと荷物を積み込み出港

ほぼ満員の隙間に寝床を確保して眠りにつき 

気づけば17時頃 憧れの男女に到着
image653.jpg



からの



20170504_152150.jpg


二泊三日の予定が 荒天予報により強制撤収の15時上がりとなり

滞在わずか?22時間ほど  さらば男女群島(泣)
20170504_152343.jpg

夕方には平戸に帰港して あじかセンター仮眠所にて酒盛り語らい

早朝には神戸へ向けて出発

寄り道して朝から長浜ラーメン替え玉
20170505_081544.jpg

そして渋滞にはまる事もなく 午後には神戸に到着

この頃からは ほぼ撮影なんか忘れて

同宿のC.さんと釣具店ハシゴから晩餐 さらにホテルで語り明かし

翌朝の飛行機で昼前には帰宅


といった感じの道中でした

後半は端折って終わらせましたが

面白くもない話にお付き合い頂き ありがとうございました


次回はお待ちかね?の実釣編です

いざ行かん聖地へ♪ と 4月釣行まとめ

G.W.合い間の平日ですが

お休みの方 お仕事の方 どちらが多いのでしょうか

私は今日まで色々とやる事がありましたが 

明日からはお休みで いよいよ聖地へ向けて出発です

天候も悪くはなさそうですので あとは魚と戦うだけ?

期待は当然高まりますが 反面人も多いだろうし

期待が裏切られるのが遠征の常でもありますし

程よい緊張感を持って よい報告ができるよう頑張ってきます



さて 5月最初の投稿は 4月釣行まとめのご報告です

釣行回数は3月と同じ13回で魚をキャッチしたのも同じく8回

当然打率も同じく0.61 でした

3月は釣果のすべてがヒラスズキでしたが

今月は待望のヒラマサが2本 91㎝6㎏ と89㎝5.5㎏
image651.jpg

ヒラスズキはありがたい事に一度(爆)に当たり 月間トータルで24本キャッチできましたが

アベレージサイズが多く 最大は65㎝まで

メバルが5枚 31㎝から26㎝ 大戦果と呼べる嬉しい釣果です
20170423_220015.jpg

ヒラマサ狙いが主体でしたので打率は下がった感触でしたが

図らずも 出撃回数に打率も3月と全く同じ

そして本命ヒラマサGetに尺超え含む良型メバルと

ヒラスズキの数は減ったとはいえ 十分沢山釣れてくれたし

春らしく充実した4月の釣行内容でした

5月も沢山の魚と出会えますように


そうそう 4月の波乗りは3回だけでしたので

今月はもう少し頑張ります(笑)



G.W. お休みの方もお仕事の方も 

のどかな陽気と同じく 無事にお過ごしください