Time trip

先週 八丈島へ行ってきました



私事ですが 高校1年の夏休みに船乗りのアルバイトを経験し


その時 最後に一人ポツンと降ろされたのが八丈でした


給料の現ナマは握りしめていましたが


当時15歳が 降ろされる直前まで何も聞かされず


未踏の島に取り残される孤独感と


久しぶりに立った丘の感触


まさに あの時のこの場所。。。
image443.jpg




心境とは無縁のような夏の島の解放感と乾いた空気


今でも鮮烈に残っている記憶・景色を30年ぶりに味わい


あらためて辿ってきた人生を振り返る


思い出深い旅となりました





戯言にお付き合い頂きありがとうございました


釣行期はまたUpします

伝えるということ

最近 人のブログやサイト、コラムなどをよく読みます

なぜかというと 文章により伝える という能力が気になるから


今更ですが 色々なコミュニケーションツールがありますよね?

ブログはもちろん FBにツイッターにインスタ、さらにメールやLINEもそうかも。。。

書く内容はもちろん 選ぶ言葉や書き方 表現や口調(文調)により

伝えたい事が伝わらなかったり 誤解されたり

さらには文章から人柄も感じ取れますよね?


インスタやFBは短文だったり 直観に訴えやすいし

メールやLINEは連絡手段としての存在意義が大きいでしょう

それに対してブログって ほんとに書く・伝える能力が大事だと実感しています

私もいい文章・記事を書けるようになりたいと願うこの頃です



戯言にお付き合い頂いてありがとうございました

夏っぽい陽気になってきましたね♪ よい週末をお過ごしください

image185.jpg

とりあえずの再開

昨日今日と 久しぶりに波乗りしました

どれくらい久しぶりかというと なんと! 3ヶ月半ぶり!!

以前は波乗りのことばかり考えて 波のリズムに合わせて生活していたのが懐かしい。。。

近年 サーフィンの嫌な部分を感じる出来事が重なり 気持ちが冷めてしまった事が一番の原因ですが

さらに今は釣りが思考の中心ですから正直 波乗りしたいという欲求が高まってきた訳ではないのですが

運動不足の解消と せっかくここまで身につけた波乗りスキルを無駄にするのも忍びなく

とりあえず自分を以前の状態に戻すべく再開しました

夏だけサーファーと呼ばれても抵抗ありません(笑)

昨日は腹胸のHBR 今日は腰腹のHIC  

千葉で波乗りする方ならお分かりでしょうか
image436.jpg


空いていたし手頃なサイズと 復活には最高のコンディションでしたが

まぁ とにかくパドルが遅いし 立つのも遅いし疲れるしで

再開しただけで 復活とは程遠いサーフィンでした

でもライディング自体は思っていたよりはヘタレていませんでしたので

夏にはまともな状態に戻せそうな予感です♪

でも今はパドル筋と腹筋が筋肉痛ピキピキですwww

自己紹介

こんにちは

当ブログにようこそ!

おもにロックショアでの釣行記や 

最近はご無沙汰になってしまった波乗り日記

たまに日々の出来事・思う事を綴っていきます

どうぞ宜しくお願いします

以前のブログはこちら

http://blogs.yahoo.co.jp/legacy1970jp
image959.jpg

初投稿 離島遠征 in 銭洲 三度目の正直♪

今年は2連発で銭洲断念からの島回りとなっていましたが

さすがに三回連続は避けるべく じっくりと予報や天気図を検討して

前線が切れて波が収まりそうな土曜日に下田へ突撃してきました

仕事も余裕があったので早めに出発して 19時過ぎには下田到着

サッカーキリンカップを観戦して寝袋にくるまり

暑くも寒くもない心地良さで あっという間に乗船時刻を迎えました

荷物を積み込み意気揚々と乗船すると 今回はルアーマンが5人もいて心強い

凪でほとんど揺れもなく快適な航程でしたが 睡眠十分であまり眠れずなまま

6時頃には三度目の正直で無事 銭洲に到着

順々に渡礁していき 私は乗りたいと思っていたカドへ渡礁
image434.jpg


同礁者のF.サン 経験豊富なアングラーで色々教えて頂きました

朝のうちは雨・風・波とズブ濡れになりながら

開始早々からバイトが出るも なかなかフッキングに至りませんでしたが

開始30分後 ようやく足元5メートル程でヒット!

無事ランディングしたのは75cm3.5キロのヒラマサ
image428.jpg


シマノ ロケットダイブ187F


とりあえずの獲物にホッと一息♪

初めてのカドは足場も平らで高さも手頃ですが

磯の半分以上は背後に壁があるのでキャストし辛く 

ルアーならお一人様が快適でしょう

南側は大きく開けて水深もあり 大物出そうな雰囲気タップリです

さて 朝のうちは潮が動いて魚の気配があったものの

時間とともに流れの向きが変わり潮裏となり海は沈黙

隣のマンナカに乗ったアングラーも修行のように頑張っておられました
image429.jpg


朝と比べるとナギてしまいマッタリとした雰囲気になりましたが

せっかく銭洲に来てるのだからと せっせとペンシル投げ続けていると

9時過ぎに突然 横っ飛びバイトからのハガツオキャッチ
image430.jpg



サイズは60cmほど 安定のロケットダイブ


その後は10時の様子見で初めてとなるウマノセへ瀬替え
image431.jpg



手前に大根 向こうにエビ根とヒラッタイが見えてます

乗った時は名前も分からず上がりましたが

かなりレアな磯らしく 人が乗った形跡がほとんどありません

ほぼ全体が海藻類に覆われており 頂上付近にもウニがついてました

外カドからマンナカが背後に控え 足場も悪くないので釣りはし易い瀬でした
image432.jpg


瀬替えしてすぐ 同礁のF.さんにビッグヒット!

結構な勢いでドラグ出された末 奮闘むなしくラインブレイク

ファイトを見てた感じでは10キロ超確実なおそらくカンパチ

魚がいるならとヤル気で投げますがその後は反応なし


昼近くになり 談笑しながらジグをシャクッっていると

二度底を取り直したジャークでゴンっとロッドが止まり 

一瞬根掛かり?と思った刹那ズルズルとドラグを出され 

数秒でPE本線から瀬ズレによりブレイクww

おそらく良型カンパチとの接触は完敗に終わりました


その後は二人とも反応なく13時の瀬上がりを迎え

潮目のように見えるのは一面に広がる浮きグレ・イスズミ
image433.jpg

生命感に溢れる銭洲を後にしました




今回は3度目の正直で無事 銭洲に乗れたし

久しぶりのまともな魚も手にできたし

レアな磯に乗れた嬉しさ・喜びはありますが

あっけなく終わった戦いの敗北感は大きく

同時に次のチャレンジへのモチベーションが沸いてきます

今回あらためてこの手に感じた銭洲のポテンシャル

いつか大きな夢を実現するべく精進します


プラグタックル
ゼナック DEFI MUTHOS Accura 100HH
シマノ ステラSW14000XG
カルティバ STX-58 #3/0
カルティバ 撃投PEフラッシュ 5号
よつあみ FCアブソーバー 100lb
よつあみ 磯ハンター20号

ジグタックル
ゼナック DEFI MUTHOS 96HH
シマノ ツインパワーSW 8000HG
カルティバ 撃投PEフラッシュ 4号
よつあみ FCアブソーバー 100lb
セカンドリーダー よつあみ 磯ハンター15号